お風呂の温度は何度位がいいのでしょうか?

寒くなると、温泉や自宅のお風呂に入る機会がますます増えてきます。
まずは、寒い時のお風呂に入る注意点をあげていきます。

最大の危険は温度差、寒暖の大きな差で 血圧が変動。

入浴中の事故で亡くなる人は年間1万4000人を超えると推定され、とくに11月から3月の寒い季節の事故が多くなっています。

脱衣室、浴室を暖めておく

脱衣室には暖房、浴室も暖房するか、またはお湯を張るとき高い位置からシャワーで入れる(湯気で温まる)
浴槽のふたを開けておくなど、あらかじめ浴室内を暖めておきましょう。
また、高齢者は最初に入浴するより、浴室が暖まった2番目に入るということもよいでしょう。

熱いお湯にいきなり入らない

湯温は41℃以下が適温。それでも入るときは、お湯を手足からかけ始めて肩、背中へとかけてお湯の熱さに体をなじませてから、湯船にゆっくりとつかっていくようにしましょう。さらに肩までどっぷりつかるより、みぞおちくらいまでの半身浴にしておくと、水圧による心臓への負担を軽くすることができます。

入浴前後に水分補給

発汗すると血液は水分が減って粘っこくなりますから、入浴の前と後にコップ1杯ほどの水を飲んで水分補給をしておくと安心です。

飲酒後や、食事・運動の直後には入浴しない

アルコールによる血管拡張や利尿作用で、血圧の下がり過ぎや脱水症状が起こりやすくなります。
食事や運動の後の入浴は、胃腸や筋肉に回るはずの血液が温熱によって体表の血流が活発になったために全身に回ってしまうため、食物の消化や筋肉の疲労回復の妨げになります。

お風呂の温度

  • 42から39度を温浴
  • 42度以上の湯に入る事を高温浴
  • 39から37度を微温浴

42℃以上は疲労回復。お風呂・シャワー・足湯などで

42℃以上のお湯では、交感神経が働き、新陳代謝が促進されます。
その結果、疲労物質の排出を助け、汗をかいて老廃物も排泄されるので体の疲労が回復されます。

  1. 朝のスッキリ目覚めのシャワー
    気分転換をしたいときやシャキッと目覚めたい朝などは、42℃くらいの熱めのシャワーがお薦めです
  2. 足湯は42℃がよいといわれます
  3. 43℃前後、半身浴で10分程度の入浴は、疲れを回復させる入浴法です。疲労物質を取り除き、筋肉の疲れをときほぐします。汗をかいて老廃物を排泄させる効果もあるので、体の疲れを取り除くことを期待できます。
  4. 高温浴の恐いのは、血液粘度の上昇です。粘度が上昇すると、血液は粘り気を帯びてくるので血管がつまりやすくなり、脳梗塞などの原因になったりします。

41℃で肩こり。4142℃のお湯で、2030分の全身浴です

浴槽のふちに首を乗せるなどして、首に頭の重みがかからないようにして首スジの緊張を解いてあげるとよいです。また、首をすくめるように肩を持ち上げて一気に力を抜いてみたり、首をゆっくり回したり、軽いストレッチをすることもオススメです。
ノボセが気になるようだと肩を出して、暖かいタオルを乗せましょう。
血行をよくして新陳代謝を高め、首や肩の疲労物質が取り除くことができます。

38℃前後はリラックス

人は体温が下がり始めると眠気を催し、下がりが早い人ほど眠りにつきやすいとも言われています。
入浴で体温を上げて熱を放散させる準備をしましょう。交感神経を鎮め、副交感神経を働かせることでリラックスでき、眠りの質もUPします。
就寝の約1時間以上前に半身浴ではいります。
3739℃の範囲で自分に合ったぬるめの温度を探すとよいです。
体を芯から温めることができ、温まるまで肩に乾いたタオルを掛けたりするなど、季節でも変わる浴室温度に注意してください。
半身浴は体への負担が少なく長くつかっていることができるので好きなアロマや色がついた入浴剤などでリラックス効果を高めましょう。
入浴前後にしっかりと水分補給することが大切です。
せっかく温まった体を冷やさないように、冷えた飲み物は避けましょう。

image温泉旅行の朝風呂は、温泉旅行の楽しみの一つかもしれませんが朝の8時くらいまでは体が睡眠から覚醒へ変わっていく時間帯で、血圧や脈拍の調節が万全ではありません。睡眠中の発汗で血液も粘っこくなっていますから、そんな状態での入浴は大変に危険です。
目覚めて1時間位のんびりしてから入浴しましょう。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Print this pageEmail this to someoneShare on Google+0Pin on Pinterest0
とむろ接骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel046-297-5800

Tel046-297-5800
タップして電話する

〒243-0031 神奈川県厚木市戸室1-24-24
本厚木駅から徒歩25分

ページトップへ戻る