ぜんそくが出てしまうのですが 何か良い方法はありますか?

まず、喘息(ぜんそく)について調べました。

喘息は、気管支などの空気の通り道(=気道)が炎症によって狭くなる病気です。
喘息の気道は、炎症によりたばこや冷たい空気などの刺激に過敏になっていて、反応が起こりやすくなっています。
ちょっとした刺激で気道が狭くなって息苦しくなったりします。

喘息症状を引き起こす炎症の原因は様々ありアレルギーによるもの、天候の変化、運動、お薬、タバコの煙、大気汚染、ストレス、風邪などの感染症、年齢、心理の問題など多数あげられます。

症状は

喘息は、咳や痰(たん)、息苦しさや「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という喘鳴(ぜんめい)など、さまざまな症状があります。
最近では咳だけの喘息(咳喘息)も増加しています。
また、胸の痛みやのどに感じる違和感なども喘息の症状のひとつです。
このような症状が続いている方は、一度病院を受診しましょう。

治療せずに放置すると、気道の炎症が悪化して、発作の頻度が多くなったり、症状が重くなったりします。喘息の発作は、夜間や早朝におこりやすいのが大きな特徴です。

喘息症状がおこりやすいとき

喘息の発作は、夜間や早朝におこりやすいのが大きな特徴です。
その他にも次のような時におこりやすい傾向があります。

夜間~早朝にかけ
季節の変わり目など、気温差がはげしいとき
天気がよくないとき、変わりやすいとき
疲れているとき
風邪をひいたとき
発作を引き起こす刺激に触れたとき(タバコの煙、線香の煙、強い臭いなど)

病院での治療法

喘息の一般的治療は、まず
①アレルゲンの発見とその除去(環境整備)、
②心身の活動性を健康な子供と出来るだけ同じように努めること(活動性維持)、
③必要な薬を上手に使用すること(薬物療法)です。
吸入ステロイド薬・抗アレルギー薬喘息に効くツボの刺激法
治喘と咳喘点を爪で強くつねるか、ヘアピンやツマ楊枝(1本)で赤くなるまで刺激しましょう。その後、温かい刺激を与えます。
中国温灸が一番オススメですが、ない場合は線香やタバコの火でも代用できます(ただし、火傷に注意)。また治喘は、お子さまが喘息の発作を起こしたときにお母さまがなでてあげるだけ でも効果がありますので、是非とも覚えておいてくださいね。

imageぜんそくの方は、呼吸が苦しくなり、肩で息を吸う動作が多くなります。そうなると、首、肩、背中、肋骨周りの筋肉が硬くなりやすいです。体操や、ストレッチなど良い方法です。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Print this pageEmail this to someoneShare on Google+0Pin on Pinterest0
とむろ接骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel046-297-5800

Tel046-297-5800
タップして電話する

〒243-0031 神奈川県厚木市戸室1-24-24
本厚木駅から徒歩25分

ページトップへ戻る