どうして口を開けると音がしてあごが痛いのですか?

まず、考えられる傷病は「顎関節症」と思われます。

顎関節症には「顎内症」と「顎外症」の2種類あります

顎内症

あごの周りの筋肉・靭帯の硬さやバランスの崩れによるもの

顎外症

あごの関節の骨自体の変形や、軟骨の障害によるもの

症状は・・・

あごが痛い口を開けると「カクカク」「ゴキンゴキン」音がする。痛くて口を大きく開けられない。かみ合わせに違和感がある。口を完全に閉じることが出来ない。 

その他、関連する症状

 頭痛・首や肩の痛み・腰痛・耳鳴り・難聴・めまい・目の疲れ歯の痛み・口の乾燥感などがあります。 

考えられる原因は・・・

歯のかみ合わせ・くいしばり・歯ぎしり・左右どちらかで物をかむクセ・うつぶせで寝る・頬杖をつく・猫背・むちうち・あご関節の打撲などの外傷など。クセや姿勢など、意識的に注意できるものもありますが、寝ているときの歯ぎしりや先天的な関節の障害のものは、なかなか注意できません。しかし、自分で出来る対策がありますので出来る範囲でやってみましょうね。

顎関節症の対策

・歯を接触させない

くいしばりをしないようにする。物をかむとき以外は上下の歯を接触させないようにしてあごに余計な負担をかけないようにする。
「唇を閉じて、上下の歯を離し、顔の筋肉の力を抜く」寝るときにマウスピースをつける。

・硬いものは食べない

痛みや口が開けづらい時は硬いものを食べないようにする。

・口を大きく開けない

無理に口を大きく開けないようにする。食べ物を小さく切ったり、会話やあくび、歯医者さんの治療中なども注意しましょう。

・マッサージ

あごの周りの筋肉や靭帯を軽くマッサージして、血行の流れを良くし筋肉を緩めましょう。痛みを我慢して強くマッサージしないようにしましょう

・良い姿勢を保つ

あごを突き出す姿勢は負担がかかっています。
長時間の同じ姿勢は、背中が丸まり、あごが前へ出てきやすいので気がついたら、首肩を回し、姿勢を正しましょう。

・うつぶせ寝をしない

うつぶせはあごや首、肩の筋肉に負担がかかりますので、出来るだけしないほうが良いです。また、高すぎる枕も注意しましょう。

・あごの運動

痛みが軽くなってきたら、あごの運動をしてみましょう。口を開けたり、閉じたり動かす。下あごを左右に動かす。手のひらで、あごを軽く押さえ、抵抗させながら動かす。

・リラックス

緊張をとり、あごに負担をかけない。首、肩の筋肉を温めたり、長時間、仕事の姿勢などで緊張してきたら力らを抜く。過度のストレスをためない。

imageあごの痛みから、首、肩の筋肉に力が入り、姿勢が崩れ、腰、骨盤の歪みなど全身に影響を及ぼします。気になる方は、気軽にご相談くださいね。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Print this pageEmail this to someoneShare on Google+0Pin on Pinterest0
とむろ接骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel046-297-5800

Tel046-297-5800
タップして電話する

〒243-0031 神奈川県厚木市戸室1-24-24
本厚木駅から徒歩25分

ページトップへ戻る