どうして足がつってしまうのですか?

まず、考えられる原因を5つ挙げてみます。

1.運動のしすぎ(筋肉疲労)

急に歩きすぎたり、普段使わない筋肉を使うと、疲労により筋肉の収縮がうまくいかず筋肉の収縮が強いと、つってします。

2.運動不足(筋力低下)

筋肉が落ちてくると、神経の流れや、血液の流れが悪くなり、結果的に冷えや、神経過敏になり、つってしまいます。

3.冷え(血行障害)

冷えによる、血行不良のため、筋肉に栄養が送れず、硬くなってきて、うまく収縮できなくなり、つってしまいます。

4.ビタミン・ミネラル不足(カルシウム・マグネシウム・カリウム)

多量の発汗や下痢などによる脱水状態などで、電解質(カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル)のバランスが崩れることにより、神経や筋肉が興奮しやすくなって、足がつってしまいます。

5.腰痛疾患(椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症など)

腰痛疾患、特に坐骨神経痛による、足へのシビレ感、痛み、だるさなど 神経症状により足がつってしまいます。

対策はどうしたらいいの?

1.運動のしすぎ(筋肉疲労)

歩きすぎたり、運動をしすぎた場合、疲れた筋肉を十分にストレッチしてください。特に、ふくらはぎ・ふとももですお風呂でよく温め、マッサージしてください。

 2.運動不足(筋力低下)

手軽な運動は、ウォーキングですね。筋トレも無理しないようにしてください。運動した後は、ストレッチを忘れないで下さいね。

3.冷え(血行障害)

よく温めましょう。特に、下半身は冷やさないようにして下さい。お風呂も肩まで良く温まってください。半身浴もいいですね。

4.ビタミン・ミネラル不足(カルシウム・マグネシウム・カリウム)

5.腰痛疾患(椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症など)

まず、疾患の治療が大切です。MRI、レントゲンなどで、検査をしてもらい信頼できる先生に治療してもらいましょう。

imageこのほかにも循環器系疾患(心臓・肺など)や泌尿器系疾患(腎臓・前立腺など)が原因で起こることもあります。日ごろからの定期的な健康診断は大切です。ご自分の身体をもう一度、見直して見ましょう。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Print this pageEmail this to someoneShare on Google+0Pin on Pinterest0
とむろ接骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel046-297-5800

Tel046-297-5800
タップして電話する

〒243-0031 神奈川県厚木市戸室1-24-24
本厚木駅から徒歩25分

ページトップへ戻る