冷え症ですが、体を温める食べは どんなものがありますか?

まず、考えられる冷え性の原因を4つ挙げてみます。

①血行不良

原因は多々ありますが、男性より女性に多いことから、女性は皮下脂肪が男性より多いので、いったん冷えてしまうと、温まりにくい。筋肉の量が少なく、筋肉運動による血液の流れが悪くなるようです。また、窮屈な服装も、血管に圧迫がかかり、血行が悪くなります。

②エアコン

一年中快適に過ごせる、空調機器により、「暑い」「寒い」の感覚が鈍ってきて体を温めたり、冷やしたりする自律神経の働きか悪くなってしまいます。過度の空調機器の使いすぎに注意し暑さ、寒さを感じたほうが良いですね。

③運動不足

第2の心臓と言われる「ふくらはぎ」の動きで、足先の毛細血管や心臓に血液を押し流しています。このふくらはぎの筋肉を含めた、体全体の筋肉量が落ちてしまうと血液の循環が悪くなってしまいます。散歩やストレッチなどの、適度な運動は大切ですね。

④食べ物

体を冷やしてしまう食べ物を現代人は好んでいるようです。手軽に食べられる、ファーストフードや偏った食生活。

好き嫌いが激しいのも、原因のひとつではないでしょうか?また、ダイエットのために、ご飯やパンの炭水化物を抜いて しまうと、体のエネルギー源の「糖分」が不足になり、冷えやすくなります。やっぱり過度のダイエットは体に良くありませんね。

温まる食べ物は何がありますか?

いくつか紹介してみます。

体を温める食べ物

○根菜類
例)ごぼう・にんじん・レンコン・ねぎ・山芋・生姜
○寒い地方(北)で採れるもの
例)りんご・さくらんぼ・ぶどう・プルーン・桃
○塩気のあるもの
例)味噌・しょうゆ・明太子・ちりめんじゃこ・漬物・佃煮
○動物性のもの
例)卵・チーズ・レバー・赤身の肉
○色の濃いもの
例)赤ワイン・紅茶・ニラ・和菓子・黒砂糖

体を冷やす食べ物

×水っぽいもの
例)水・牛乳・ビール・コーラ・ジュース・酢・生野菜
×暑い地方で採れるもの
例)なす・トマト・きゅうり・レモン・スイカ・パイナップル
バナナ・みかん・レモン・マンゴー・コーヒー
×柔らかいもの
例)パン・バター・マヨネーズ・クリーム

imageこれらのものを紹介しましたが、体を冷やす食べ物を食べてはいけないと言う訳ではありません。野菜などは温めて、温野菜で食べるとか、暖かいものを体に入れることで血液の流れが良くなります。
その他の体を冷やしてしまう食べ物も、過度にとりすぎると良くないという事です。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Print this pageEmail this to someoneShare on Google+0Pin on Pinterest0
とむろ接骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel046-297-5800

Tel046-297-5800
タップして電話する

〒243-0031 神奈川県厚木市戸室1-24-24
本厚木駅から徒歩25分

ページトップへ戻る