指の関節が痛いのですがリウマチですか?

まず、関節リウマチについて調べました。

原因

自己免疫の異常による病気です。

自己免疫とは、ばい菌やウイルスなどが体に入ると、体を守るために異物として攻撃します。
その役目は、血液の中の成分のリンパ球です。
そのリンパ球が何かの異常により、自分の骨や軟骨を攻撃してしまい、関節に炎症が起き、骨が変形し痛みが出てしまいます。
30代~50代の女性に多いようです。
その「何かの異常」が現在も分かっていません。
遺伝によるものが多いとされています。

症状は

  • 左右対称に関節が腫れる
  • 多くの関節が同時に腫れる
  • 朝に関節がこわばる
  • 関節の痛みや腫れが続く

★症状が6週間以上続くときは、関節リウマチの可能性が高い。

治療は?

薬物療法による治療が主流です。
炎症を抑える薬や痛みを抑える薬による治療です。

生活の中で気をつけること

・ストレスをためない

疲れや風邪などの体のストレスや、精神的ストレスは、関節リウマチの症状を悪くすることがあります。
睡眠や休養を十分とりましょう。


・禁煙をしましょう

喫煙は、関節リウマチの発病に関連するという報告があります。
また、治療薬によって起こりやすい肺の病気を悪くすることもありますので、関節リウマチの患者さんは、禁煙をしましょう。

・適度な運動をしましょう

関節リウマチの患者さんは、痛みや倦怠感のために、安静にしすぎてしまうことがあります。
必要以上に安静にすると、関節が動かなくなり、筋力が低下するだけでなく心臓や肺の機能が悪くなることにもつながります。
症状の程度に合わせて、適度な運動をしましょう。

・体を冷やさないようにしましょう

関節を冷やさないようにすることでリウマチの痛みはやわらぎます。
関節を冷やさないように、日頃から服装などを工夫しましょう。
夏はなるべく冷房 を避け、ひざ掛けなどを利用するとよいでしょう。
寒い季節の外出にも注意し、関節が痛む時には、湯たんぽや温浴で関節を温めましょう。

・バランスの良い食事をとりましょう

関節リウマチだからといって、食べてはいけないものはありません。
ただし、肥満は関節の負担になりますので、バランスの良い食事をとることが大切です。
骨粗しょう症や貧血を起こしている患者さんは、カルシウムや鉄分をしっかりとることを心がけてください。

imageリウマチの血液検査で異常なしと言われても、症状がまったく変わらないときは、「膠原病」の疑いもあります。そのときは「膠原病科の専門医」に受診して下さいね。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Print this pageEmail this to someoneShare on Google+0Pin on Pinterest0
とむろ接骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel046-297-5800

Tel046-297-5800
タップして電話する

〒243-0031 神奈川県厚木市戸室1-24-24
本厚木駅から徒歩25分

ページトップへ戻る