指先に「シビレ」が出るのですが どこか悪 いのでしょうか?

まず、簡単に「シビレ」の説明をします。

シビレには「末梢性のシビレ」と「中枢性のシビレ」の2つに大きく分けられます

末梢性のシビレ

「末梢性のシビレ」は通常は片手、片足など片側だけに症状が現れる事が多く神経障害、血行不良等が原因で起こる可能性があります。神経を圧迫されての症状が主な物だと思います。

この「末梢性のシビレ」の出る症状としては次のようなものがあります。

  • 変形性頚椎症
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 胸郭出口症候群
  • 肘部管症候群
  • 手根管症候群 などの、整形外科でつけられる病名です。

変形性頚椎症は首の骨に変形した突起物が神経にぶつかりシビレが出ます。頚椎椎間板ヘルニアは首の骨と骨の間にある、クッションの役目をしている椎間板が磨り減ったり、飛び出してしまったりして、神経を圧迫してしまいシビレが出てしまいます。

当院での治療は、この末梢性のシビレになります。

中枢性のシビレ

「中枢性のシビレ」は危険な物が多く、脳卒中が原因となって発生していることがあります。

ではいったいどのような痺れが危険な病気の前兆なのでしょうか?
まずは手や足が痺れたと感じた場合、一緒に発生している症状があるかどうかを見極めましょう。
以下の様な症状も同時に発生した場合は危険な痺れだと判断をしてすぐに病院に行きましょう。

  • 頭痛
  • めまい
  • 眼が見えにくい
  • 吐き気(嘔吐も含む)
  • 痺れが急に出始めた
  • 顔面の痺れ
  • 発熱(何週間か前からの発熱も含む)
  • 身体の一部が麻痺している
  • 排尿障害  その他

脳卒中の予防10か条

  1. 自分の血圧を知る
  2. 急激な温度変化を避ける
  3. ストレスを溜め込まない
  4. 過労、睡眠不足を避ける
  5. トイレの力みに注意(血圧が上がるため)
  6. バランスの良い食生活
  7. お酒は「ほどほどに」
  8. たばこは「百害あって一利なし」
  9. 適度な運動をする
  10. 健康診断を利用する

imageシビレといってもいろいろな原因が隠れています。末梢神経のシビレは治療で軽減しますが、脳から来るシビレは危険です。普段から血圧の高い方や、ご家族にそのような傾向がある方などは、普段からの健康診断や人間ドックなど定期的な検査を受けておき、ご自分の体を把握しておくことも大切ですよ!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Print this pageEmail this to someoneShare on Google+0Pin on Pinterest0
とむろ接骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel046-297-5800

Tel046-297-5800
タップして電話する

〒243-0031 神奈川県厚木市戸室1-24-24
本厚木駅から徒歩25分

ページトップへ戻る