首・肩痛の方へ

朝起きようとした時、突然寝違えたみたいで、動かすと痛くて首が回らない。
スッキリしているはずの朝が一番つらくてダルイ…疲れがとれていない。
肩が凝っていない普通の状態がわからない。

また、昨日の夜まで何でもなかった肩が、朝になって突然痛みが出て腕が上が らない…
でも出掛ける準備、朝ごはんの用意、通勤での電車、車の運転、自転車など、 嫌でも動かさないといけないので、首・肩をかばいながら無理に動かし、今日も一 日なんとか過ぎたけど、全然痛みが取れない…
明日も重いものを持たないといけないしデスクワークでのパソコンがつらい…
早くスポーツもしたいし、旅行にも行きたい、何より毎日スッキリ起きたい!
痛みもなく、スッキリ起きられたらどんなに楽だろう…

どうしたら・・・?

あなたは、そんな症状を少しでも良くしようと、病院に行きレントゲン検査を しても「骨には特に異常ない」と言われ、痛み止めを処方され、薬を飲むとその ときは楽にはなるが、また次の日痛みが出てしまう。 首や肩を回したり、ストレッチや体操もして、お風呂でも良く温めたのに治ら ない…  動かして良かったのか、悪いのか、どっちなんだろう…!?

このような経験をした事はありませんか?
あなたのとった行動は、間違いではありません。しかし、ここが違っています。

運動をしてはいけない方運動をした方が良い方、両方があります。

まず、運動をしてはいけない方

朝起きて突然痛みが出たということは、急性による炎症が出ている可能性があります。
特に使いすぎていなくても、何も変わったことをしなくても、日頃の疲労の蓄積から筋肉や関節にストレスが溜まり、限界が来て痛みが出てしまう事があります。(寝違えや急性の四十肩、腱板損傷など)

この場合は、まず患部の安静と冷却です。
安静にするには、首の場合、頚椎カラーを巻いて固定します。頚椎カラーの代わりに包帯やタオル・スカーフなどでも代用出来ます。
肩の場合は、サポーターやテーピングでの固定、または三角巾で腕を吊るなどして、腕を出来るだけ使わないようにしましょう。
冷却は、シップや氷嚢・アイスパック(薄いタオルを巻く)などで患部を冷やしてください。氷嚢・アイスパックなどで冷やす時は、1分程度患部を冷やし5分間隔で3~5回繰り返してください。5日位経って痛みが軽減してきたら、軽い体操やストレッチを行うと回復も早くなります。

次に運動をした方が良い方

これは慢性的な「肩コリ・首のコリ・背中のコリ」を感じる方です。
コリやすい方は、体質もあるかと思いますが、姿勢や関節の動き・骨格などにより様々な原因が考えられます。
基本的に、筋肉の硬さに伴う血行不良によるものです。

筋肉が硬くなる原因には、仕事や日常生活での長時間の同じ姿勢や同じ動作によるもの(パソコンのデスクワーク・立ち仕事下を向く姿勢・指先を使う作業・荷物の持ち運びなど)や、体の冷えなどからも考えられます。
この硬くなった筋肉を柔らかくする為に、首・肩の運動、ストレッチは有効です。
また、お風呂などで温めるのも良いでしょう。
仕事中の時は、出来れば30分に1回は体の姿勢を変えたり、首や肩を動かしたりしてみましょう。同じ姿勢をとらないように注意してみて下さい。

ここでの首・肩の運動の方法は、当院で用意してありますので、お声をかけて下さい。

また、関節の動きが悪い方も筋肉疲労が溜まりやすくなります。肩コリを感じる筋肉は「僧帽筋」といって、首~両肩、背中までつながっています。

そして、この筋肉に関係する関節の骨は「上腕骨・鎖骨・肩甲骨」です。
この骨がつながる関節の動きが良くなると、筋肉の動きも良くなり、硬さが取れてきます。

関節の動き、調整、運動、ストレッチなどは保険外診療で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

あなたは、その痛み・違和感が取れたらどんないい事がありますか?

首・肩こり対策

あなたはどうですか?

肩こりとは

首、肩の筋肉、腱、靭帯の損傷による捻挫と考えられます。

人の頭の重さは5~6キロあり、下を向くと倍の重さになりますので、10キロ~12キロの重さをつねに首と肩の筋肉で支えています。
一般に肩こりと言うと軽く考えてしまいますがさまざまな原因により首、肩を傷め体が危険信号を出している状態です。

コリとは筋肉が収縮している事なので、首、肩周辺の血行不良や神経圧迫すると、頭痛、めまい、吐き気、手指のシビレ、歯痛などの症状が出てきます。

又、高血圧の方は脳から来る症状もありますので病院でMRI等の検査をすすめます。この様に単に肩こりといえ、色々と症状が隠れていますので注意して下さい。

頚・肩痛の種類

・頚椎椎間板ヘルニア  ・頚部脊椎症(骨棘や変性) ・頚肩腕症候群  ・胸郭出口症候群 ・肩関節周囲炎(四十肩)など

対策

  • 長時間、同じ姿勢をとらない(デスクワーク、パソコン、編み物、読書など)
  • 高すぎる枕は首に負担がかかります
  • 痛みが強い時(寝違いなど)は温めず冷やすこと
  • 鈍痛や重い感じの痛みならお風呂などよく温める
  • 頭痛が激しい時は首の周りだけを冷やす
  • 1時間に5分は休憩し首肩を動かす
  • ストレッチや軽い体操など気が付いたら行いましょう

治療開始の目安

  • 起床時痛が出た時
  • 頭痛、めまいが出た時
  • 首肩を動かすと痛い時
  • 手指に痛みやシビレが出た時
  • 背中が重苦しい時など

 

とむろ式整体の案内はこちら

とむろ接骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel046-297-5800

Tel046-297-5800
タップして電話する

〒243-0031 神奈川県厚木市戸室1-24-24
本厚木駅から徒歩25分

ページトップへ戻る