交通事故に遭われた方

みなさんの中には、交通事故を起こしてしまった方、あるいは巻き込まれた方はいますか?
そしてこの『自賠責保険』の仕組みを理解していますか?

みなさんのほとんどの方は車を運転されるかと思います。車を持っておられる方はご存知だと思いますが、必ず自賠責保険(強制保険ともいわれてます)に入らないといけません。

自賠責保険は、もし事故を起こしてしまったら、相手を保証するものです。
この自賠責保険には、人身傷害で120万円・死亡で3000万円・重度後遺障害で4000万円の上限があります。
その範囲を超えてしまうと、任意保険(上積み保険)を使うことになります。
物損事故の場合、自賠責保険では保障されず、任意保険での保証のみとなります。
交通事故を起こさず、自賠責保険を使わない事にこしたことはないですよね。

でも、もし、万が一事故を起こしてしまったら・・・

まず、事故が起きたら、必ず警察に連絡して下さい。そして、人命救助が第一です。その後、警察に届けましょう。警察に届け、事故証明を取らないと、自賠責保険は使えません。

お互いにその場で示談してしまうと、後々トラブルの元となります。

加害者になった場合、相手方にケガがなかったら物損事故、ケガをさせてしまったら人身事故となります。
どちらの場合でも保険会社(任意保険)に連絡し、指示に従ってください。
もしこの時、自分もケガをしてしまった場合、基本的に自分が加入している自賠責保険は使えません。
過失割合により、○対○で相手の保険を使うことになります。

しかし、ご自分の入っている任意保険の補償内容により、任意保険を使える場合があります。
被害者になった場合、ケガ等をされた時は、診断書を警察に提出し、人身事故となります。
治療にかかる費用は、相手の自賠責保険を使うことになり、窓口での負担金はありません。

交通事故の治療は、接骨院で受けることができます。
接骨院で治療を希望する場合、骨折の疑いがある時やレントゲン検査が必要と判断される時は一度病院に受診してもらい、 その後から接骨院の治療を受ける事が出来ます。 
骨折以外のけがで捻挫・打撲などでは、接骨院の診断書提出後そのまま治療に入れます。

治療の期間や、治療の制限などはありません。治るまで治療が続けられます。

しかし、窓口負担金がないからと言って、漠然と治療を続けることは出来ません。
事故前の体の状態に、少しでも早く回復できよう当院では務めております。
症状回復、治療終了時期等は、当院の判断(体の具合)、患者さんとの話し合いにて決めていきますのでご安心ください。

また、相手方(加害者)の保険会社と被害者とのやり取りで、トラブルが起こる時もあります。
被害者とはいえ、すべての要求を認めてもらうことは限界があり、保険会社も自賠責保険の範囲内で収めようと、治療期間の制限や早期打ち切り等、無理を言ってくる場合もあります。

自賠責保険の範囲を超える時は、任意保険になりますので、出来れば任意保険を使いたくないのかも知れません。(私の憶測ですが…)

どちらにしても不幸にも起きてしまった交通事故ですが、お互い前向きに建設的な話し合いをしていきたいですね。

被害者の都合、保険会社の都合ではなく、この自賠責保険の趣旨、内容を少しでも理解し、いざという時にはご自身、ご家族の体を守れるよう、みなさんのお役に立てればと思い、今回紹介しました。

当院でも、みなさんに納得してもらえる治療を行っていきたいと思っています。

交通事故の場合、事故のケースによりいろいろ複雑になってきます。

疑問や質問などありましたらお気軽にご相談くださいね。

とむろ接骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel046-297-5800

Tel046-297-5800
タップして電話する

〒243-0031 神奈川県厚木市戸室1-24-24
本厚木駅から徒歩25分

ページトップへ戻る